メニュー

土岐くらしのlabo06第1回

2018

9 11月

『第1回土岐くらしのラボ06』が行われました

土岐市観光協会チャンネル放送中♪


市民の、市民による、市民のための観光プロジェクト

「土岐くらしのラボ」06とは

「土岐くらしのラボ」は、土岐市民の豊かな暮らしについて、市民が中心となってアイデアを考え、実践するプロジェクトです。

2017年3月に始まり、今までに5つのテーマで話し合いを重ねてきました。そして今年は新たに2つのプロジェクトが始まります。

今回の「ふるさとを感じられる」暮らしづくり(ラボ06)もそのひとつです。

土岐での豊かな暮らしを、楽しみながら一緒につくっていきます。

全5回の活動を通じて、2つのゴールを目指します。

  1.  土岐のよさを感じてもらえる参加型体験プログラムをつくります。
  2.  人に土岐を紹介するときにも、観光ツールとしても教育ツールとしても使えるオリジナルポストカードをつくります。

 

第1回は、9月8日にテラスゲート土岐 まちゆいで行われました。

今回の様子のニュースレターは、この記事の最後にあります。

 

土岐くらしのlabo06第1回

第1回 「ふるさと」について、とことん話し合おう!

自分は、土岐のどんなところが好きなんだろう? 土岐には、どんな面白いことがあるのだろう?

小さい頃から今までを振り返りながら、そして土岐市全域を見渡しながら、

自分たちの「ふるさと」である土岐市についてたくさん語り合います。

土岐くらしのlabo06第1回

 

コミュニティデザイナーの内海 慎一さんから、半年間の活動の目的、考え方についての説明を受けました。

 

toki-kurashi-labo06-01-45

土岐くらしのlabo06第1回

 

ワークショップの開始

6つのチームにわかれ、自己紹介の後、土岐市のMAPを見ながら、

自分が知っている土岐の魅力的なものについて話し合いました。

どの場所にどんな魅力があるか、MAPに落とし込みながらそれぞれ意見を出し合いました。

また、いろいろな切り口で話し合ってもらいたいと、各チームに「お題くじ」を用意。

思いがけないお題からも新しい意見・気づきが生まれ、全部で約200もの魅力が見つかりました。

土岐くらしのlabo06第1回

土岐くらしのlabo06第1回

 

ワークショップの結果発表

各チーム2回のワークショップで話し合われた結果を、チームごとに発表。

どんな話が出たか、ここが面白そうだ、という点を要約して共有しました。

 

土岐くらしのlabo06第1回

 

 

最後に、全員で記念撮影。

土岐くらしのlabo06第1回

 

今回のニュースレター

土岐くらしのラボ[ 06 ]第一回ニュースレター01

ニュースレターダウンロード