土岐市観光大使が行く土岐の旅

土岐市観光大使「酒井敏也」さんに「やきもの編」として、土岐市内の旅をしていただきました。

訪れた観光スポット

土岐市内の観光スポットを散策。
施設名 カテゴリ 営業時間等
美濃陶磁歴史館 美濃焼展示 AM10時~PM4時30分(入館はPM4時まで) 【定休:月曜日、祝日の翌日、12月26日~翌年1月6日】
織部の里公園 美濃焼関連公園 AM9時~PM5時 【定休:月曜日(祝日の場合は火曜日・水曜日が休園)、祝日の翌日、12月29日~翌年1月5日】
創陶園 陶芸体験 AM9時~PM4時30分 【開催日はホームページで確認してください】
比那屋 食堂 AM11時~PM1時30分、PM5時~PM8時 【定休日 : 毎週月曜日】
駄知町並み(すりばち館) 陶器ギャラリー 金・土・日開館 10:00~16:00 【定休:月~木】
駄知町並み(千古乃岩酒造) 清酒製造販売  清酒「千古乃岩」は、越後杜氏伝承の技によって、品質一筋に丹精込めて醸造する岐阜の地酒です。
下石町並み(下石窯元館) 陶器ギャラリー AM9時30分~PM5時 【定休日 : 毎週月曜日、年末年始】
下石町並み(下石裏山地区) とっくりとっくんの町並み  裏山地区では窯元のメンバーが考案したオリジナルキャラクター「とっくりとっくん」がみなさんをお待ちしています。路地のあちらこちらに隠れた、ユニークな表情やポーズのとっくんを探して散策しませんか。
織部ヒルズ 商業団地  商業団地でお買いもの?新しいスタイルの「織部ヒルズ」へ行こう!

やきもの「美濃焼」に関わる人達

動画内で登場した、土岐市内の「美濃焼」に関わる人達です。

 

(有)ヤマ亮横井製陶所

大正13(1924)年創業のヤマ亮横井製陶所は、美濃焼の窯元が集積する土岐市でも、数少ない“鋳込み”の技術を継承する窯元です。 鋳込みとは、陶土に水と珪酸ソーダを加えて液体化させた泥しょうを、石膏型に流し込んで成型する製法のこと。 現在は、「三代目・横井亮一」がその技法を守り続けています。 工房では、石膏型に泥しょうを流し込み、乾燥させてから余分な泥を捨て、さらに乾燥させて型から外す“ガバ鋳込み”の作業を日々黙々と繰り返してます。「実は鋳込みは、こうやって手作業でしか作れないんです。手間がかかるし、たくさん作れない。だから、やめるところも増えてきて。鋳込みの職人は、今じゃ絶滅危惧種ですね(笑)」。 乾燥棚にずらりと並ぶ香炉や瓶子。それらはすべて同じ形であっても、機械で画一的に量産されるのではなく、一つひとつに人の手が加えられ、思いを込めて作っています!

(有)ヤマ亮横井製陶所 でつくられるもの

(有)ヤマ亮横井製陶所 の詳細

  • 業種

    窯元

  • 特徴

    石膏型に泥しょうを流し込み、乾燥させてから余分な泥を捨て、さらに乾燥させて型から外す“ガバ鋳込み”

  • ホームページ

    https://www.yamaryo451.com/

 

カネ定製陶(株)

昭和7年(西暦1932年)に有限会社 カネ定製陶所として、籠橋 定一が立ち上げて以来80年ほど。今日まで陶磁器の生産に従事し、現在も土岐市駄知町内の高台にある工場で生産活動を行っている。 1ヶ月の平均生産数が35万PCSに上る。

カネ定製陶(株) でつくられるもの

カネ定製陶(株) の詳細

  • 業種

    窯元
  • 特徴

    明治2年創業以来、今日まで陶磁器の製造販売に徹し、社員と共に技術の革新に邁進し、労使関係も家族的な雰囲気の中で定着率も高く、和食器独特の工程管理を安定させ、市場の望む新製品つくりに努力しております。
  • ホームページ

    http://www.kanesada-seito.com/
 

丹山窯

丹山窯では、美濃焼の伝統を受け継ぎながら、手描きの器にこだわり、一器一器、心を込めて描いております。また日常の食卓には優しさと潤いを、おもてなしの席では華やぎを、そんなお手伝いができることを願いながら、可憐で優しい花々や自然の風合いを、絵筆を通して器に描いています。土の持つ味わいと、そこに映し出される春夏秋冬をどうぞお手にとって御堪能ください。 山野草の咲くギャラリーで、花と器の小宇宙を楽しんでください。お待ちしております。

丹山窯 でつくられるもの

丹山窯 の詳細

 

藤山窯

昭和48年設立。マグカップ、ご飯茶碗、皿を中心に成型から焼成まで自社で行う窯元。

藤山窯 でつくられるもの

藤山窯 の詳細

 

金正陶器(株)

美濃焼きの伝統的な作家作品の紹介と共に業務用食器(和・洋・中)を幅広く開発し、外食産業へ供給しております。外食産業・チェーン等に対してオリジナル商品の企画開発、商品の在庫管理、梱包、発送業務も代行しております。社内に姿月窯ショールームを完備、また、約30000点に及ぶ業務用食器のサンプルルームをいつでもご覧いただけます。

金正陶器(株) のギャラリー

金正陶器(株) の詳細

  • 業種

    商社
  • 特徴

    和・洋・中業務用食器、漆器、ガラス、ギフト雑貨品 の卸売販売
  • ホームページ

    http://kaneshotoki.co.jp/
 

晋山窯ヤマツ(株)

明治元年創業の陶磁器製造メーカーです。白磁土を使用した業務用の煎茶器を主力商品としながらも新しい表現にも意欲的に挑戦をしています。お客様や仕入先様、弊社に関わる皆様との信頼関係を大切に誠実な製品を製造し続けます。

晋山窯ヤマツ(株) でつくられるもの

晋山窯ヤマツ(株) の詳細

  • 業種

    窯元
  • 特徴

    晋山窯ヤマツは様々なタイプの製品の製造や、試みをしており、土岐市の製造元の中では特異なことです。昔から親しまれている煎茶茶碗や湯のみは大量生産と、スピードに自信があります。ティーポットなどは海外に出荷されるものもあります。また、学生さんや、デザイナーさんと一緒に取り組んだ新しい表現は製品にならないこともありますが、挑戦しつづけています。
  • ホームページ

    http://yamatsu-gifu.com/
 

山功高木製陶

手描きにこだわり、柔らかい優しい器を手掛けています。 中でも、化粧土をかけた生地に針で絵柄を彫っていく線彫りの技法を得意としています。 撥水材を用いた絵付けや、一珍での加飾など、ひと手間かけた器づくりは、山功ならではのものです。 また、陶器でも磁器でもない、せっ器(ストーンウェア)という粘土を使用しています。1260度の高温で焼き締められた生地は表面の密度が細かく吸水性がほとんどありません。臭いや汚れがつきにくく、硬くて丈夫なうつわをつくることが出来ます。

山功高木製陶 でつくられるもの

山功高木製陶 の詳細

  • 業種

    窯元
  • 特徴

    カップ・茶碗類をはじめ、鉢、皿、酒器など様々な形状のものがあります。 特に、袋物と呼ばれるポットや急須を多く扱っています。 使いやすさを一番に考えながら、手にした時に安らぎを感じられるような器をつくっていきたいと思っています。
  • ホームページ

    https://www.yamakotakagi.com/
 

黒田製型所

量産陶磁器製品の石膏型・原型製作。

黒田製型所 の作業風景

黒田製型所 の詳細

 

(有)妻木日陶産業

食器(低火度~還元釉各種) タイル用釉薬

(有)妻木日陶産業 の作業風景

(有)妻木日陶産業 の詳細