『土岐くらしのラボ06 第1回』が行われました

土岐くらしのlabo06第1回

土岐市観光協会チャンネル放送中♪


市民の、市民による、市民のための観光プロジェクト

「土岐くらしのラボ」06とは

「土岐くらしのラボ」は、土岐市民の豊かな暮らしについて、市民が中心となってアイデアを考え、実践するプロジェクトです。

2017年3月に始まり、今までに5つのテーマで話し合いを重ねてきました。そして今年は新たに2つのプロジェクトが始まります。

今回の「ふるさとを感じられる」暮らしづくり(ラボ06)もそのひとつです。

土岐での豊かな暮らしを、楽しみながら一緒につくっていきます。

全5回の活動を通じて、2つのゴールを目指します。

  1.  1. 土岐のよさを感じてもらえる参加型体験プログラムをつくります。
  2.  2. 人に土岐を紹介するときにも、観光ツールとしても教育ツールとしても使えるオリジナルポストカードをつくります。

第1回は、9月8日にテラスゲート土岐 まちゆいで行われました。

今回の様子のニュースレターは、この記事の最後にあります。

土岐くらしのlabo06第1回

第1回 「ふるさと」について、とことん話し合おう!

自分は、土岐のどんなところが好きなんだろう? 土岐には、どんな面白いことがあるのだろう?

小さい頃から今までを振り返りながら、そして土岐市全域を見渡しながら、自分たちの「ふるさと」である土岐市についてたくさん語り合います。

土岐くらしのlabo06第1回

コミュニティデザイナーの内海 慎一さんから、半年間の活動の目的、考え方についての説明を受けました。

toki-kurashi-labo06-01-45

土岐くらしのlabo06第1回

ワークショップの開始

6つのチームにわかれ、自己紹介の後、土岐市のMAPを見ながら、自分が知っている土岐の魅力的なものについて話し合いました。
どの場所にどんな魅力があるか、MAPに落とし込みながらそれぞれ意見を出し合いました。

また、いろいろな切り口で話し合ってもらいたいと、各チームに「お題くじ」を用意。
思いがけないお題からも新しい意見・気づきが生まれ、全部で約200もの魅力が見つかりました。

土岐くらしのlabo06第1回

土岐くらしのlabo06第1回

ワークショップの結果発表

各チーム2回のワークショップで話し合われた結果を、チームごとに発表。
どんな話が出たか、ここが面白そうだ、という点を要約して共有しました。

土岐くらしのlabo06第1回

土岐くらしのlabo06第1回ワーク結果

【 スーパーにパワースポット!? 】
サンマートの店内の太陽の絵はパワースポットという噂!?

【 浄化センター近くの並木 】
美しい。雪が積もるとなお、美しい。

【 口裂け女発祥の地 】
陶史の森は、口裂け女発祥の地と言われています…

【 オオマツフード 】
働いている人が生き生きしており、仕入れに絶対の自信を持っている。
図鑑に載っているものなら何でも仕入れられるという噂も!?

【 八幡神社の新一くん 】
超絶的かわいさの木曽馬。油断していると後ろから噛みつかれることも…
でもそのツンデレ具合にもメロメロに。

【 自生するクレソン 】
コンクリートのU字溝ではない、土底の水路に山水が流れており、春にはクレソンが生えてくる。
草刈り前に、素早く採ることがポイント。バターで炒めるととてもおいしい。

【 世界初 ! 全身骨格化石出土 ! 】
世界で初めて発見されたパレオパラドキシア(哺乳動物)の全身骨格化石のレプリカが展示 !

【 山からの水 】
山からの湧き水があり、夏は冷たく、冬は温かい。食べもの(野菜や果物)が冷やせます。

【 ファームハウス 】
月替わりのケーキが楽しみで、地元に戻るときいつも予約して買っている。
小学生の頃、背伸びして100円持ってシュークリームを買いに行っていた。

【 窯でつくるピザ 】
料理へのこだわりの強い陶芸家も多く、自慢の窯でピザやパエリアをつくってくれることも。
それが本当においしい。

【 若者をほめるおば様方 】
田舎だと、若者の身なりにご近所のおば様方が厳しい…と思われがちだが、そんなことはない。
流行りのかっこうをしていると、「いいねー!」と気さくに声をかけてくれる。

【 国道66号線からの景色】
瑞浪方面に走ると見える。アルプスと御岳山が見える絶景スポット。

【 幻の滝 】
ひやり谷に流れ込む。雨が降らないと現れない。

【 日本一の石庭!? 】
エネルギッシュでチャーミングな方がつくった石庭(個人所有)。露天風呂も併設。

【 トウモロコシ屋さん 】
7月下旬から8月中旬までテントを立てて国道363号線沿いで販売。めちゃ甘くておいしい。

【 おかわりは「ひと口残す」 】
おかわりをする時は、ひと口分を残して「おかわり」するのが習慣。

【 みんながアーティスト 】
孫や子どもがつくったやきものはたいてい庭へ飾る!苔むして味わいが出ているものも。
やきものの英才教育!?

次回は、実際に外に出て、スポットを訪ねます。

土岐くらしのlabo06第1回

最後に、全員で記念撮影。

今回のニュースレター

土岐くらしのlabo06第1回

ニュースレターダウンロード

次回の様子

関連記事

  1. 七夕まつり

    「ふくろう商店街七夕まつり」開催!

  2. 陶器屋さんでパン教室

    陶器屋さんでパン教室

  3. 土岐市散策【駄知印判館 清山窯】

  4. 「とき便り」販売開始!

  5. 『親子で参加!土岐市探検ウォーキング』後半戦始まります!

    『親子で参加!土岐市探検ウォーキング』後半戦始まります!

  6. DOG!フェスタ陶芸体験ワークショップ

    DOG!フェスタで陶芸体験ワークショップを行いました!

  7. 新パンフレット「土岐みやげガイド エエヤラ」が完成!

    新パンフレット「土岐みやげガイド エエヤラ」が完成!

  8. 知りどきtrip_チラシ表

    知りどきtrip

  9. 駄知線めぐり

    【駄知線】やきもの生産量日本一を支えた駄知鉄道