『土岐くらしのラボ06 第4回』

土岐くらしのラボ06

土岐市観光協会チャンネル放送中♪


第4回 「ふるさと」の伝え方を考えよう! PART2

「土岐くらしのラボ」06とは

「土岐くらしのラボ」は、土岐市民の豊かな暮らしについて、市民が中心となってアイデアを考え、実践するプロジェクトです。

2017年3月に始まり、今までに5つのテーマで話し合いを重ねてきました。そして今年は新たに2つのプロジェクトが始まります。

今回の「ふるさとを感じられる」暮らしづくり(ラボ06)もそのひとつです。

土岐での豊かな暮らしを、楽しみながら一緒につくっていきます。

全5回の活動を通じて、2つのゴールを目指します。

  1. 土岐のよさを感じてもらえる参加型体験プログラムをつくります。
  2. 人に土岐を紹介するときにも、観光ツールとしても教育ツールとしても使えるオリジナルポストカードをつくります。

 

 

「ふるさと」の伝え方を考えよう! PART2

第3回に続き、より多くの人に土岐の魅力を知ってもらうための方法を学びます。

アウトプットの製作に向けて、チームとして取り組む内容を考えます。

今回は、ことばの講座が開催されました。

自分らしいことばで表現する方法を学びます。

 

「わたしらいコトバで、正直に。そして楽しく伝えよう!」

講師:村上 美香(ムラカミ ミカ)先生

1967年9月23日、広島県尾道市因島に生まれる。瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育つ。

現在は、大阪ミナミにてデザインオフィスを経営しながら、舞台・音楽・イベント、レストランやショップなどの広告コンセプト立案、コピーライティング、インタビュー、執筆活動を行う。

仕事実績は毎日放送『サントリー1万人の第九』『神戸コレクション』『戎橋筋商店街』『千趣会/しあわせ予報2014』など。

著書『旅する柴犬まめのポラロイド写真詩集~ぼくらは簡単なことばで出来ている』『旅する柴犬まめのポラロイド絵本~永遠売り』。

2011年、ふるさと瀬戸の島(尾道市因島)を想って自費製作した『しげい帖』をきっかけにスタートした展覧会『my home town わたしのマチオモイ帖』をプロデュース。

日本各地にあたたかい波紋を拡げている。

 

土岐くらしのラボ06 第4回 土岐くらしのラボ06 第4回

 

わたしらしいコトバで伝えるためのコツ

 

1. わたしらしい目線でていねいに見る。感じる。

素直にモノを見る。

自分の「目線」「感覚」「経験」「知識」というフィルターを信じて、共感や発見を伝える。

それが唯一無二の価値となる。

 

2. 贅肉をそぎ落とし、伝えたいことを編集する。

伝えたい相手の顔を想像してみよう。

多すぎてもしんどい、熱すぎてもうざい、伝える相手を想像して、”分量”、”トーン”も加減したい。

 

3. 愛を持って伝える。

自分だけのLIKEやDISLIKEがあってもいい。

ただ、結果的にLOVEを持って。読み手が楽しくなるように。

 

土岐くらしのラボ06 第4回

 

「擬人化の手法を使ってまちの魅力を伝えてみよう!」

事前に取り組んできてもらった、擬人化で街の魅力を紹介する宿題を回し読みし、ハッシュタグで説明を付け加える、というワークに取り組みました。

いくつか作品をピックアップして、その内容についてアドバイスをしていただきました。

 

土岐くらしのラボ06 第4回 土岐くらしのラボ06 第4回 土岐くらしのラボ06 第4回

 

 

次回、『土岐くらしのラボ06 第5回』は、土岐市の魅力が詰まった体験プログラム実施に向けて、具体的に考えていきます。

 

次回の様子

関連記事

  1. スペイン料理教室

    スペイン料理教室参加者募集

  2. 土岐くらしのラボ06

    『土岐くらしのラボ06 第3回』

  3. 新パンフレット「土岐みやげガイド エエヤラ」が完成!

    新パンフレット「土岐みやげガイド エエヤラ」が完成!

  4. ほうき本番

    すすきの手作りほうき

  5. 『美濃焼こみち』の表紙を撮影!

  6. 土岐市観光案内パンフレットができました!

  7. 土岐市探検ウォーキング

    先日の「探検ウォーキング」の様子です。

  8. ロゴマーク

    土岐市の歴史観光促進・PRロゴマークを作成しました!

  9. 第62回 炎の祭典土岐市織部まつり

    第62回 炎の祭典土岐市織部まつりが行われました