『土岐くらしのラボ06 第3回』

土岐くらしのラボ06

土岐市観光協会チャンネル放送中♪


第3回 「ふるさと」の伝え方を考えよう! PART1

「土岐くらしのラボ」06とは

「土岐くらしのラボ」は、土岐市民の豊かな暮らしについて、市民が中心となってアイデアを考え、実践するプロジェクトです。

2017年3月に始まり、今までに5つのテーマで話し合いを重ねてきました。そして今年は新たに2つのプロジェクトが始まります。

今回の「ふるさとを感じられる」暮らしづくり(ラボ06)もそのひとつです。

土岐での豊かな暮らしを、楽しみながら一緒につくっていきます。

全5回の活動を通じて、2つのゴールを目指します。

  1. 土岐のよさを感じてもらえる参加型体験プログラムをつくります。
  2. 人に土岐を紹介するときにも、観光ツールとしても教育ツールとしても使えるオリジナルポストカードをつくります。

「ふるさと」の伝え方を考えよう! PART1

今回は、より多くの人に土岐の魅力を知ってもらうため、これまでに見つけた魅力を、ポストカードとプログラムに落とし込んでいきます。

また、魅了的な写真の撮り方の講座も開催されました。

まずは、第2回で話し合われた、土岐市の魅力的な6つのコースの残り4~6の発表です。

コース4「ちびっこ芸術家&すごい芸術家 /まちなかアート巡り」

土岐くらしのラボ06

コース5「トキ・タキ・ウォーキン!」

土岐くらしのラボ06

コース6「急速に人気の高まるスポーツサイクルの現場を見に行こう!」

土岐くらしのラボ06

コース1~6の発表をもとに、チームとして取り組みやすい「6つのテーマ」が作られました。

テーマ1 陶芸 ×グルメ

先日訪れた「玄保庵」さんや「郁兵衛」さんもそうですが、陶芸と関わりがある人がやっているグルメは、他の土地にはない大きな魅力です。菊練りの手法を活かしてこねた生地でつくる蕎麦、こだわりの器でこだわりのコーヒーを淹れるカフェなど、陶芸家だからこそ!のグルメは「きっと美味しいんだろうなぁ、行きたいなぁ」という気持ちにさせてくれます。

テーマ2 陶芸×生活

陶器のまちではない場所に住む人たちが触れる陶器は「器」ぐらいですが、土岐に住んでいると「器」以外にも生活の中に陶器が根付いています。先日訪れたそれぞれのお宅の庭に眠る名もなき作品たちもそのひとつです。そうした、「陶器のまちならではの暮らし・生活」をピックアップし紹介してみませんか?陶芸家の家の食器棚を覗く、なんていうのも面白いかもしれません。

テーマ3 陶芸×技術

モノをつくるプロセスには多くの「ドキドキ・ワクワク」が詰まっており、陶器も同様です。中でも、前回のフィールドワークで多くの人がドキドキした「釉薬」など、これまでなかなか光が当たってこなかった部分の面白さをみんなで発掘します。いわば、理系のあなたに向いたテーマかもしれません。コアでマニアックなものの魅力を楽しみながら見つけましょう!

テーマ4 地域のディ~プな魅力に踏み込もう 今年度対象地域:駄知町

土岐市は8ヶ町村が合併してできた市であることもあり、それぞれのまちに個性があります。しっかりと歴史と文化が積み重ねられてきた地域は、外からの観光客や移住者にとって大きな魅力になります。その一方で、そうした魅力は地域の人たちにはなかなか感じられないものです。外の目線を持ち、中の人たちと一緒にその地域の新しい魅力を探しましょう!まち歩きやフィールドワーク、空き家や古い建物などが好きな人に向いたテーマです。

テーマ5 土岐にこんな素敵な自然が!アウトドアの魅力を見つけよう

土岐市には多くの自然があり、それは名古屋などの都会に住む人たちからするととても羨ましいことです。都会にない自然を求めて休日などに地方に足を運ぶ人もたくさんおり、最近では、そうした自然を生かしたアウトドアの取り組みが非常に増えています。ウォーキングやトレッキング、キャンプやスポーツなど、自然を活用した取り組みは人を惹きつけ、何度もそこに来たいという気持ちにさせてくれます。このチームでは、土岐にある自然を生かしたアウトドアの取り組みを探しにいきます。自然や運動が好きな人におススメです。

テーマ6 関係人口(ふるさとを応援する人)を増やす取り組みを考えよう!

これからの観光は、移住した人数を表す「定住人口」でもなく、観光に来た人数を表す「交流人口」でもなく、地域や地域の人々と多様に関わる人数を表す「関係人口」を増やすことが重要です。素敵なまちは、出身者・来訪者問わず、「その土地のヒト・モノ・コトが好き」と思ってもらえています。関係人口によって、地域の「文化」や「産業」が支えられるのが理想です。観光が地域をもたせる時代が来ています。

今後はこの6つのテーマをもとに、活動を進めていきます。

「惹きつけられる写真の撮り方を学ぼう!」

自分たちが見つけた土岐の魅力をどう撮れば魅力的に感じてもらえるかを学びました。

事前に提出した写真へのアドバイスをしていただき、技術や考え方についても一緒に学びました。

講師:鈴木 知子(スズキ トモコ)先生

神奈川県横浜市出身。東京工芸大学短期大学部卒業後、広告写真プロダクションに入社。

アパレル、コスメなどのコマーシャルフォト中心に活動。

雑誌への作品提供や写真ノウハウ書籍の執筆、フォトコンテストの講評なども行なっている。ライフワークの横浜を中心としたスナップ写真を、ブログにて毎日更新中。

土岐くらしのラボ06土岐くらしのラボ06

「自分の写真を客観的に見ることで、土岐市の事を知らない人たちにどこまで伝わるかを注意してください」。

1枚1枚の写真について、考え方、コツなどについてレクチャーをしていただきました。

次回、『土岐くらしのラボ06 第4回』は、土岐市の魅力を伝えるための言葉の講座を受講します。

次回の様子

関連記事

  1. 土岐市観光協会ロゴ

    岐阜県では「飛騨・美濃すぐれもの」を募集しています!

  2. 美濃焼施設をちょっとご案内 そのⅠ

  3. ススキワークショップ

    「手作りホウキ教室」のワークショップを行いました

  4. 神奈月土岐市イベント

    ものまねタレントの神奈月さんが土岐市でイベントをします!

  5. 上手にできたよ!夏休み体験講座「陶器の水滴をつくろう!~ロクロづくりと型づくり~」

    上手にできたよ!夏休み体験講座「陶器の水滴をつくろう!~ロクロづくりと型づくり~」

  6. 「明智光秀」の実像に迫る歴史講演会開催

  7. 食べやあ甘いもんバナー

    9月29日は「食べやあ甘いもん」開催!

  8. 満開のヒトツバタゴ

    織部の里公園「暮雪庵」でお茶会が開催されます

  9. 第18回 穴弘法 もみじと100地蔵のライトアップ開催!